カタログを開く

吉野桧

吉野桧

吉野桧

主な用途

加工にも優れた性質をもつため非常に多くの用途に、高品質な材料として使われます。(建具材、家具、フローリング、彫刻、桶、風呂、床材、カウンターなど)

主な産地

奈良県吉野郡全域、中でも吉野川、北山川、十津川流域など。

杉と共に、日本を代表する木材です。日本全国にありますが、なかでも奈良県吉野地方の桧は、木曽桧と共にブランド桧で通っています。
吉野桧の特徴は、木曽桧より目はすこし粗く、色も薄ピンクに白色が混ざって目がはっきりしています。油分が多く木に粘りがありますので仕上げると光沢が出て綺麗です。特有の芳香も特徴で、日本では高級木材で知られています。なお、世界遺産の法隆寺はほとんど桧で作られており、産地は明らかでないものの、材質の似た産地で当てはまるのが吉野桧であるとも言われています。

吉野桧

吉野桧

主な用途

加工にも優れた性質をもつため非常に多くの用途に、高品質な材料として使われます。(建具材、家具、フローリング、彫刻、桶、風呂、床材、カウンターなど)

主な産地

奈良県吉野郡全域、中でも吉野川、北山川、十津川流域など。

杉と共に、日本を代表する木材です。日本全国にありますが、なかでも奈良県吉野地方の桧は、木曽桧と共にブランド桧で通っています。
吉野桧の特徴は、木曽桧より目はすこし粗く、色も薄ピンクに白色が混ざって目がはっきりしています。油分が多く木に粘りがありますので仕上げると光沢が出て綺麗です。特有の芳香も特徴で、日本では高級木材で知られています。なお、世界遺産の法隆寺はほとんど桧で作られており、産地は明らかでないものの、材質の似た産地で当てはまるのが吉野桧であるとも言われています。