カタログを開く

2019.07.17

「木×デザイン」「木×アート」のための木材をご用意しています。

ワールドデコズの木材の面白いところ

こんにちは、木材1年生の安藤です。僕がいるワールドデコズでは、様々な木材をご用意しています。
お店にある木材と聞いて、すぐにパッと思いつくのは、ホームセンターやDIYショップにあるような製材された角材などの木材を思い浮かべられると思います。小学生の夏の工作授業に使うものから、日曜大工の材料になる木材などだと思います。

 

ワールドデコズにも、同じような製材した木材が多少はありますが、それらはメインではないので端の方に展示していますし、本当に少しです。
ワールドデコズでいう木材とは、全く違う材、木材・古材マテリアルを指しています。
ある意味、本当に木が好きでない方にはその面白さが全く通じないという代物かつ一点ものばかりです。
ワールドデコズにある木の多くは、「木」本来のそのままの形のもの、「古材」などでサイズがまちまちのものなどがメインになります。

 

決して、同じ形の木がないという木材・古材マテリアルの専門店です。

 

日々、僕としては当社の一風変わった木材・古材を多くの方に知っていただきたいので、建築士の先生、デザイナーの先生とお話しをさせていただく機会を積極的にいただくようにしています。
皆様が口をそろえておっしゃられるのが、ワールドデコズの木材は「面白い!」という一言です。それは、以下のような写真を見ていただいた時に最も言われます。

 

 

↑ この切り株、ドンと立ち上る古材の海を見られると、「面白い」という言葉になるのだなと思います。

 

↓ 他にも、こんな写真を見られると「面白い」と言われます。

 

 

 

 

ワールドデコズには、このような形状豊富な古材・木材が倉庫、平場などにこれでもか!と置いてあります。
ワールドデコズは、単なる古材屋でも木材屋でも一枚板屋でもありません。

 

当店が目指しているものは、「木×デザイン」「木×アート」などで活用いただける、デザイナー、アーティストの方々の世界観創造のためのマテリアル提供です。ワールドデコズが面白いと思われる理由がここにあるのだと思います。
木材は、決して同じ形のものがありません。
生き物ですから当然です、全て一点物です。
もちろん、製材、加工をしてサイズを整えることは出来ますが、それをしてしまったら全く面白くないです。

 

木の個性を活かして一点一点を大切な宝物として、お客様へお届けすることが僕達の仕事だと思っています。
「ワールドデコズの木材は面白い」「アートワークを作るには最適だ」とか、「内装を少し楽しくしてみたい」「ナチュラルな一点ものが欲しい」というときに使えるものが多数眠っています。

 

他にはないお店つくり、他にはない空間つくり、他にはないオブジェなど、デザインを重視したい、アートな空間を作りたい、決められた規格の木材では面白くないという方にしっくりと来るマテリアルをお届け出来ると確信をもっています。

 

ワールドデコズに行けば、何か新しい発見が得られる。
ワールドデコズに行けば、インスピレーションが湧く。
ワールドデコズに行けば、創作意欲が湧く。

 

そんなお店だったら面白いですね。

 

ワールドデコズの強みはいったい何ですか?

「ワールドデコズの強みは何ですか?」と建築士の先生やデザイナーの先生によく聞かれます。
正直な話を言いますと、僕も最初の2ヶ月ほどはこの質問にとまどっていました。
決められた製材でもない、どこにでもある木材たちでもない、むしろ一点ものばかり・・・。
暗中模索の中、建築士の先生やデザイナーの先生、アーティストの方々と話す先で見えてきた別の世界があることに気づきました。

 

それは、世界中どこを探しても、他にはない生木そのものの形のままの古材・木材
ここが強みだということです。
当店の強みは、ミャンマー、タイ原産の本チーク、カリン材などの樹種に強いこともさることながら、実は、その木材の形状の豊富さに強みがあると言い切れます。
見る人が見たら、ドドンと感じていただける面白さが、強みそのものであるということです。

 

ワールドデコズのショップで良く見られる光景が以下のようなシーンです。

 

これからお店を始めようというオーナー様が設計士の先生とお越しになられ、様々な形状の古材をながめながら店舗内装のアイデアを話しあっているのです。
僕たちには見えない、これからの空間を二人で話ながらアイデアを詰めていかれるのです。
そのきっかけが、目の前にある変わった形状の古材・木材です。本当に面白い瞬間です。
決められたサイズの建材を使う効率的な内装もいいですが、意外性、驚き、面白さのある個性的な形状の古在・木材を活用する面白さはもはや異次元のレベルだと思います。

他にも、すでにお店を営業されている方が、お客様にお待ちいただくちょっとした古材ベンチを探して購入されることもあります。
古材ベンチは当店の人気商品で、入荷したらすぐになくなってしまうという売れ行きです。
世界に一点しかないという面白さ、希少さ、木のナチュラルさが受け入れられるのだと思います。

 

そういった面白いお店つくりが出来ることがワールドデコズのマテリアルの強みであり、おもしろさです。

面白い形状の木材・古材はまだまだたくさんご用意しています。
是非とも、一度ご来店いただければと思います。

 

おまけ:世界には約6万種に及ぶ木が存在しています

中学校以来忘れていた、「針葉樹」や「広葉樹」など木にも様々な種類があります。

それを格好よく言うと「樹種(じゅしゅ)」と言います。

ジャーナル・オブ・サステイナビリティー・フォレストリーによると、現在、全世界で確認出来ている樹種の数は、60,065種類とのこと。
約6万種類の木があるだけでもすごいと思います。
その中で、よく流通している木は50種ほど。さらに人気のあるものとなると、15種類ほどになります。

ワールドデコズでも、メインはその内5種類ほどです。

以上、おまけでした。

それでは、また次回のブログでお会いしましょう!