カタログを開く

木曽桧

木曽桧

木曽桧

主な用途

柱、梁などの構造材から天井や内部造作材、障子などの建具に至るまで幅広く高級建築用材として用いられています。(カウンター、桶、樽など)

主な産地

木曽地域から裏木曽地域(飛騨南部、東濃地域)など。

長野県の木曽谷~岐阜県の木曽川上流地域に渡る森林地帯で生産される天然桧を木曽桧といいます。日本三大美林の1つです。
木曽桧が有名になったのは、伊勢神宮の遷宮用材の産地に選ばれた14世紀頃と言われています。木曽からの木材搬出は鎌倉時代から始まり、豊臣秀吉の時代から日本各地のお城や神社仏閣などの建造物の用材として使われだしました。その後、江戸時代初期からは大規模に使用されてきました。
 
木曽桧

木曽桧

主な用途

柱、梁などの構造材から天井や内部造作材、障子などの建具に至るまで幅広く高級建築用材として用いられています。(カウンター、桶、樽など)

主な産地

木曽地域から裏木曽地域(飛騨南部、東濃地域)など。

長野県の木曽谷~岐阜県の木曽川上流地域に渡る森林地帯で生産される天然桧を木曽桧といいます。日本三大美林の1つです。
木曽桧が有名になったのは、伊勢神宮の遷宮用材の産地に選ばれた14世紀頃と言われています。木曽からの木材搬出は鎌倉時代から始まり、豊臣秀吉の時代から日本各地のお城や神社仏閣などの建造物の用材として使われだしました。その後、江戸時代初期からは大規模に使用されてきました。