カタログを開く

2019.02.15

【渋ログ】第一回 WORLDDECORS OSAKAをオープン致しました。

・おかげさまで本日2/15に、WORLDDECORS OSAKA が無事にオープンとなりました。皆様の日頃のご支援に、改めて、感謝を申し上げます。

 

さて、今回のオープンとあわせて、「渋ログ」をスタートすることにします。ぜひ、お付き合い頂けますと幸いです。渋ログとは、これでは、古材などワールドワイドなマテリアルを、日本中の誰よりも知り尽くし、誰よりも味わい尽くした男「shibu」による、夢とロマンの情熱ブログです。

 

その第一回目は、本日のオープニングの様子をお伝え致します。

 

ドラマは30年前から始まった

・私が20代のときから、国内はもとより海外での買い付けを始めました。それから30年以上、ワールドワイドに、マテリアルとの一期一会を求めて、ずっと買い続けてきました。その過程で、例えば「古材銀行(商標登録済)」の名のもとに、こうしたマテリアルを知って頂いた方々には販売してきたものの、実質のリアル店舗は初めてです。

 

30年以上かけて、ようやくここまで辿りついたのです。そんな30年の月日、さまざまな紆余曲折を脳裏に浮かべながら、今日この日を迎えました。

 

2019年2月15日11:00オープン

・いよいよオープン。そして、13:15からは、プレス向けの内覧会を行いました。多くのメディアの皆様の前で、(株)渋谷会長 兼 (株)エスクリ社長の渋谷が、木材に対する想い、そして今日の日にかける想いをお話しさせて頂きました。説明のあと、非常に多くの個別質問をいただき、WORLDDECORS OSAKAに対するメディアの皆様の強い関心を感じずにはいられませんでした。

 

14時からはいよいよオープニングパーティー

・今回の目玉のトークセッションとして、ブライダル産業新聞社池田編集長のモデレーターのもと、あの、THE WHOLEDESIGN 代表で、空間デザイナーの杉山敦彦氏と渋谷の豪華対談を行いました。詳細は、後日のブライダル産業新聞社様による記事にお譲りしますが、非常に味わい深い、盛り上がった対談となりました。

 

充実の店内

・店内は、まさにWORLDDECORSらしい内容に仕上がりました。推定500年物の稀少なミャンマーチークをはじめとする古材や、色鮮やかなフェイクグリーン(新作あり)、ガーデンポット。さらにはコンテナコーナー、ワインコーナー、SE工法スペース、ウェディングDIY工房スペースなど、様々なマテリアルや空間、商材の魅力と可能性を感じて頂けたのではないか思います。

 

あっという間のオープン日

・その後もたくさんのお客様のご来店や、予期せぬ取材対応なども経て、あっという間の19時クローズを迎えました。

 

平日にもかかわらず、今日だけで200人以上のお客様にご来店いただき、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。今後の皆様のご期待にそえるよう、様々なマテリアルとその魅力・可能性を発信していきたいと思います(shibu)。

以上