カタログを開く

2019.08.31

インテリアをフェイクグリーンでバージョンUP!

今日で8月も終わりですね。

こんにちは、ワールドデコズの山地です。

 

6月にフェイクグリーン(Artificial Green)のクオリティの高さ、空間にグリーンを取り入れることによる効果についてご紹介しましたが、今回はフェイクグリーン(Artificial Green)を使用して、店舗で販売中の家具やオブジェを実際にアレンジしてみました!

ワールドデコズで取り扱っている商品はなかなかの個性派揃いで、一点モノのオリジナルばかりですが、さらにアレンジしてみると「インテリア×フェイクグリーン」はおしゃれにバージョンUPする組み合わせでした。

 

 

① 古材オブジェ×フェイクグリーン(Artificial Green)

 

 

ダークブラウンのチークオブジェ。色も濃く素敵な色なので、さりげなくエントランスやコーナーに置くのもアリですが、フェイクグリーン(Artificial Green)で装飾すると進化しました!

グリーンをアレンジするだけで古材の良さが引き立ったように思いませんか。

 

 

② つる木オブジェ×フェイクグリーン(Artificial Green)

 

 

天然のつる木でできたオブジェ!中に照明を入れると、編み目から幻想的な光が空間に広がり照明としても楽しめます。丹念に編み込まれた素材感のままでも十分インパクトはありますが、木の曲線とフェイクグリーン(Artificial Green)の相性は抜群でした。

つたに沿ってグリーンが生えているようにも見えて、よりいっそう柔らかな照明効果が期待できそうです!

 

 

③ デザインテーブル×フェイクグリーン(Artificial Green)

 

 

おしゃれなガラスローテーブル。天板がガラスなので木の断面が見えて、自然を感じることができるテーブルです。もちろんこのまま木目を眺めながらも良いのですが、グリーンでアレンジすると一気におしゃれ度UPです!

 

季節ごとにグリーンを変えるとテーブルコーディネートも楽しくなるはずです。

 

 

ガラステーブルはお部屋をスタイリッシュに見せてくれますが、埃やくもり、指の跡もつきやすく目立ちやすいです。こちらのテーブルも鑑識官なみに(笑)細部に目を凝らして気をつけていますが、グリーンがあると癒し効果でお手入れもはかどりそうです。

 

 

④ デザインテーブル×フェイクグリーン(Artificial Green)

 

 

素材や質感の全く異なる木材を敢えて組み合わせた個性的なローテーブル。なぜコレをココに??と思われる方がほとんどではないでしょうか。私も思ったうちの一人です(笑)。上の入れ物をどのように使用するか?でこのテーブルの良さは違ってきます。果物やお菓子を入れるのも良いですが、是非グリーンを飾ってみて下さい。

 

 

テーブルに花や植物が飾られていると華やかな雰囲気になりますが、寄せ植えした縦60㎝×横25㎝の木製プランターをわざわざローテーブルには置かないと思います。このテーブルなら一体化している上に、フェイクグリーンなので水やりも必要ありません。インテリアはアイデアやセンス次第でいくらでもおしゃれにできます!

 

 

使用前→使用後方法でご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

木の茶色とグリーンの緑色は癒し×和みを感じる色とされており、比較的簡単なカラーコーディネイトでもあります。ワールドデコズでは自然の形状そのままのインテリアが多いため、フェイクグリーンとも組み合わせやすいです。是非インテリアをおしゃれにバージョンUPして楽しんで頂きたいと思います。