カタログを開く

2019.05.20

日本一の在庫量!チーク材の一枚板です。

日本一の在庫量!チーク材の一枚板

こんにちは、ワールドデコズの安藤です。
木材担当、1年生です。
これから、ブログを通してあなたに情報をお届けしていきますのでよろしくお願いします。

今日は、ワールドデコズが日本一の在庫量と自負するチーク材の一枚板をご紹介します。

 

一枚板を見る機会は、木が好きな方でないと中々ないのが実情だと思います。
とくにチーク材の一枚板となると、日本だけでなく世界で希少な材になります。

 

チークの木は、ミャンマーやタイを中心に生息をしている木です。
その木を求め、ヨーロッパ諸国が木を伐採しすぎてしまい、
今は、伐採が政府管理となりました。

 

木を守るため、海外への材としての輸出規制もかけられています。
家具や加工品としての輸出は可能ですが、入手が難しい材の一つです。

 

そのため、巾のある樹齢200年以上の木などは市場にはほとんどありません。
古材を探すしかチーク材の一枚板に出会うことは出来ないのです。

それほど、チーク材は貴重な材ということです。

 

お店には、以下の写真のようなチーク材の一枚板が所狭しと並んでいます。

お店に並んだチーク材一枚板を眺めるだけでも十分に楽しんでいただけると思いますが、
当店の在庫量は、これだけではありません。

 

店頭には、総在庫量の5%程度だけをご用意しています。
ほとんどのチーク材一枚板が、奈良県の桜井本社の倉庫にてその出番を待っています。

 

チーク材の一枚板をお探しのお客様は、奈良県桜井市までお越しいただくか、
インターネットカメラの画像を通じて商品をお選びいただける仕組みとなっていますのでご安心ください。

 

あなたが満足いくまで、最高のチーク材一枚板との出会いをお手伝いすることをお約束します!

 

 

木を知ったら楽しい!

日本の住宅では、木そのものを魅せないデザインになりつつあります。
近年の建築デザインの変化にともなって、木を魅せる純和風デザインから、欧米風の内装デザインへと移行しています。

 

そのため日本では木を知る人、木がわかる人がどんどん減っています。
そのため日本では木そのものを愉しむという文化がなくなりつつあります。
かくいう私も、木はつい最近まで不案内でした。
目下、木の勉強中です。

 

木を知れば知るほど、その奥深さ面白さがあり、より多くの木材を見たいという欲に駆られます。
そこが木の不思議な魅力かもしれませんね。

 

さて、そんな修行中の私でも、一目みてその違いが判るのがチーク材です。

  • 重厚さ
  • 美しさ

において、他のカウンター一枚板を凌駕する存在感を醸し出していると感じています。
(青二才の発言とお許しください。)

 

何より、その高級感がたまらなく魅力的です。

 

落ち着いたバーのカウンターや、高級ホテルのラウンジなどに利用されることの多い一枚板ですが、
採用される理由がよくわかります。

ガラスカウンターテーブル、大理石カウンターテーブル、他にも高価なカウンター材はたくさんありますが、
高級感という視点からすると、木材カウンター、特にチーク材が圧倒的な好印象だと思います。

 

それは、チーク材が

  • 天然木材であること
  • 経年するごとに高級感を増すこと
  • 希少材であること

だからだと思います。

 

 

他にも、こだわりを持った方がご自宅のテーブルにチーク材を使われることもあります。

あなたも、気づかないところでチーク材のカウンター一枚板に出会っていると思います。
今度、お気に入りのバーに訪れる時や、高級ホテルに宿泊される時など、じっくりと木をご覧になってみてください。

今までとは違った見え方にワクワクされることだと思います。

今日は、チーク材のカウンター一枚板についてご紹介いたしました。

 

あなたが最高の木と出会う場をご提供いたします。