カタログを開く

2018.12.20

【カウンター向け】一枚板の販売_チーク

ワールドデコズでは、お客様のご希望に沿えることができるように、様々なマテリアルを取り扱っています。
中でも木材についてはひときわ強い自信と情熱、豊富な知識と圧倒的なこだわりを持って最高のご案内を目指してまいりました。

 

ワールドデコズで取り扱っている一枚板は全てが“本物”の材。
他所のどこにも置いていない唯一の品。

 

その大きさから、乾燥や保管に神経をとがらせる必要があり、かつそもそも貴重で在庫量の限られる「カウンター材」でも、そのこだわりは健在です。

希望のサイズ感と樹種またはイメージをお申し付けください。あなたのご希望に合致する一枚をご提供させていただきます。

 

———-
【目次】
1.カウンター用の一枚板購入の際、注意すること
2.販売中のチークカウンター材,一枚板の価格例
3.カウンター用一枚板、購入までの流れ
———-

 

カウンター用の一枚板購入の際、注意すること

◇乾燥

一本の大木から一枚板を作り出すまでには様々な工程が必要となりますが、その中でも特に気を使いかつ重要な位置付けにあるのが「乾燥」という工程です。

 

この乾燥の度合いについて示す際、木材に含まれる水分量はよく「含水率」という単位で表現されますが、カウンター材に使われるようなサイズの一枚板を購入する場合、この数値を必ず確認するよう、注意してください。

 

丸太の状態からスライスすることにより一枚板を切り出すことができますが、これが伐採したばかりの丸太の場合、含水率は80~90%程度を示します。こうした材を家具などに加工する場合、含水率は15%程度まで落とす必要があります。

 

木材はその空間の湿度により、まるで呼吸を行うかのように水分の吸収や発散を行います。日本の気候に木材を晒す場合、含水率は15%~20%程度に落ちつくようです。90%程度あった含水率が徐々に下がっていくにつれ、材は縮んだり反って曲がったり、最悪の場合割れてしまう場合もあります。

 

こうした理由から、乾燥は非常に気を使いながら進めていかねばならない過程です。
カウンター用の一枚板は長尺なため、こうした反りや曲がりが比較的大きく出やすい傾向にあります。そのため、十分な乾燥を経る前に加工してしまうと、普段の生活で使用を続けるにつれ段々と狂いが発生してしまうのです。

 

また含水率が20%程度であっても、使用方法次第では少し注意が必要となります。
例えば、暖房をかけ続けているような特に乾燥が激しいお部屋への設置の場合、あらかじめ板を乾燥機にかけ、含水率を12%程度まで落としてから使用することもございます。

 


◇厚み

反りを防ぐという意味では、厚みに注意することも一つの手です。
単純に、厚みのある材の方が頑強であり、反りが出づらくなります。


一般的に一枚板を作り出す場合、ある程度の厚みがないと反りのリスクが大きくなりすぎ、家具としての使用が難しくなります。おおよそ65mm程度が最低ラインでしょうか。カウンター材は一定方向に長い材となりますので、木目次第で反りが現れやすいものもあります。


木材である以上、どうしても許容しなければいけない部分はあるのですが、リスクを最小限に抑えるため、もし気に入った材が見つかればその材を取り扱う業者さんへ希望内容と使用用途を伝え、判断を仰ぐと安心です。

 

販売中のチークカウンター材,一枚板の価格例(チーク)

ワールドデコズでは様々な樹種のカウンター材を常にストックし、ご用意しております。
どれもここにしかない、一級品となっておりますがそんな在庫の中でもさらにトップクラス、最高に希少で存在感のある「古材チークのカウンター材」をご紹介させていただきます。


1.ダイニングテーブルサイズ_1350×(600~640)×95

 

両手を広げた大きさよりも少し小さなサイズの板です。

2人掛け程度の小さめのダイニングテーブルにオススメです。

価格:315,000円

購入はこちらから

 

 

2.カウンターサイズ_2850×(820~900)×100

ダイニングテーブルとするには少々大きすぎるかもしれませんが、迫力のある一枚です。

飲食店やカフェなどのカウンターテーブルの他、オフィスの会議室に利用するのもオススメです。

価格:915,000円

購入はこちらから

 

 

3.ロングカウンターサイズ_3020×(770~900)×100

 

木目が力強く現れた一枚です。この材がいかに素晴らしい成長を遂げてきたのかをうかがい知ることができます。

単純に「大きな材」は非常に貴重です。理由は単純。「もう採れない」し「もう作れない」からです。

 

ミャンマーチークでこれだけのサイズ、質を持つ「一枚板」は、もう手に入らないのではないでしょうか?

価格:1,215,000円

購入はこちらから

 

 

世界三大銘木に数えられ、高級家具材として名高いチーク材ですが、近年は過剰な伐採により規制が厳しくなりました。特に大きなサイズの材となると、本当に手に入れることが難しくなっています。全盛期に比べて、単純に数がないのです。どこにも残っていないのです。

 

インドネシアでは植林が積極的に行われていますが、チークが成熟するまでには200年近い年月がかかります。気の遠くなるような作業です。

 

そのように貴重な木材ですが、ワールドデコズには現在、数百枚のチーク一枚板の在庫がございます。ミャンマー産の推定500年モノ。タイの山奥の村にて、奇跡的に出会うことのできたマテリアル達です。

 

さらに、これらは推定15年以上の自然乾燥を経た材であり、ゆっくりと確実に、反りの出ないよう丁寧に乾燥作業が施されています。含水率は10%程度。カウンターに最適です。

 

 

カウンター用一枚板、購入までの流れ

長尺の一枚板は決してお安いお買い物ではありませんし、その場の空気感を左右する非常に重要なマテリアルです。その上、生き物ですので同じ表情のものは二つとありません。

 

可能であれば一度お話をお伺いさせていただき、その上でご希望に合った一枚をご案内させていただけますと幸いです。ご購入の際は是非一度お問い合わせください。

 

ワールドデコズでは世界中のマテリアルを取り扱っています。

非常に多くの個性あふれる在庫がございますので、最近では「〇〇がほしい!」という具体的なご相談に加え「こういう空間を作りたいのだけど、おもしろいアイデアとかぴったりの材ない?」というようなアイデアベースでのご相談も多くいただきます。

ご希望をすり合わせる中で新しい発見があることや、方向性が定まることもございます。一枚一枚表情の異なる一枚板を取り扱うが故の、難しいところでありかつ楽しいところだと考えます。

ワールドデコズを通して、貴方の想いを実現する一枚との出会いが生まれるその瞬間を楽しみにしております。