カタログを開く

2019.02.18

アンティーク感を演出するインテリア【木材/置物etc】

アンティークはもともとフランス語で「骨董品」を指す言葉です。


しかし現在の日本では「古いもの」かつ「高価なもの」というイメージが強いでしょうか?
特に西洋の家具や雑貨に対してよく使用される表現で、そうした呼ばれ方をする物の多くは皆一様に独特な存在感と温かみを持っています。

 

長い時間を過ごしたものだけが纏う風合い。
何物にも代えられない独特な世界観。
時の流れが持つ力は強く、偉大。

 

このページでは、500年以上の時を過ごして来た木材をはじめ、ワールドデコズが世界各国から集めたアンティークなマテリアルの数々をご紹介します。


【目次】

1.アンティークインテリア_和の木材
2.アンティークインテリア_洋の木材
3.アンティークインテリア_オブジェ
4.アンティークインテリア_ガーデンポット
5.まとめ

 

 

1.アンティークインテリア – 和の木材

和風アンティークなインテリアや材は、古民家の解体の際に算出されることが多くございます。大黒柱や梁材として使われていた材が代表的ですね。

 

樹種も様々ですが、もともと建築用の材ということで松や杉、欅や桧などがよく産出されます。長い時間、人々と共に生きる中でこうした材はだんだん色合いが深く、重く、変化します。生活の中で受けた傷や、当時建材として使われた際の穴や削り跡。こうした独特なストーリーも相まって、唯一の表情を作り出します。

加えて、桧に代表される一部の木材は古材となることでより頑強になり、むしろ強度が上昇するというデータもございます。

 

瑞々しさや爽やかな雰囲気を持つ新材にはない重厚感、安定感。
国産木材による和の古材はどこか懐かしく、安心を感じる一品です。

 

キャビン・インザルーム様 / ミャンマーチーク一枚板

事例の詳細はこちら

 

奈良一奈良漬 いせ弥様 / 欅材を使用した内装

事例の詳細はこちら

 

株式会社翔和様 / 栃材の巨大ダイニングテーブル

事例の詳細はこちら

 

2.アンティークインテリア – 洋の木材

主にヨーロッパの方から輸入されるアンティークインテリアには、チーク材によって作られたものが多くございます。鮮やかな黄金色をした新材は日光などの影響を受け、さらに色濃く、周囲に馴染むような色合いへと変化します。

 

*アンティークインテリアの例

 

 

 


また、チーク材の原産国は、ヨーロッパではありません。東南アジアのミャンマーやタイなどから輸入し、家具へと加工していました。

チークはその材質から、現地では建材としても非常に重要な位置付けでした。学校やホテルの床や壁など、あちこちでチークが使用されています。

 

私たちが出会った中ですと、伐採したまま倉庫で眠り続けている材もあれば、何らかの要因で現地の湖などに沈んでしまい、化石に近い状態となっているものもありました。

 

世界中の人々と、様々な生活を送っているチーク材。美しいアンティーク家具としての用途に留まりません。是非、それぞれのチークの生き方と、その表情の違いを比べてみてください。

 

ビレッジ大阪様 / チーク古材のエントランスソファ

事例の詳細はこちら

 

ラ・グリルーデン / チーク古材,カリン古材のエントランス

事例の詳細はこちら

 

ラグナヴェール広島 / チーク古材の丸椅子

事例の詳細はこちら

 

Winelist堂島店様 / チーク古材のカウンターテーブル

事例の詳細はこちら

 

ラグナヴェール スカイテラス / チーク古材,カリン古材の羽目板

事例の詳細はこちら

 

 

3.アンティークインテリア – オブジェ

ワールドデコズでは木材の買い付けの際、必ず担当者が現地に赴き、その状態を自らの目で確かめてから仕入れます。木は生き物ですので、写真のみではその状態についてどうしても判断がつきづらい部分もあり、見落としや話の食い違いなどのリスクが発生するのです。

 

定期的に現地に赴き、あちこちの村を回っていると、ちょっとした出会いが時々あるのです。

 

不思議な形の木材、現地の職人が作った伝統的な置物、日本にはない用途の家具など、その形状は様々ですが、どれも「ここにしかない」味わい深さを感じます。

 

 

渭水苑,祥雲閣様 / カリン古材のオブジェ

事例の詳細はこちら

 

 

すでに出来上がったオブジェを輸入してくることもあれば、面白い形状の木材を仕入れ、加工は日本の事業所でデザイナーと共に行うこともございます。

 

このジャンルの商品で一番難儀するのは生産者である私たちではなく、このページを見ている「ご依頼主様」でしょう。どれも個性が強すぎるので、ご相談やお問い合わせの仕方も難しいかと思います。

ご相談の際は「オブジェが置きたい」「インパクトが欲しい」「凄いと思わせたい」「グッとくるものがいい」など、ざっくばらんにお聞かせ下さい。あなたの内に秘めた希望を、熟練のコンサルタントが形にさせていただきます。

 

同じものは二つとありません。あなただけの一品をお届けさせていただきます。

 

 

4.アンティークインテリア – ガーデンポット

オリジナリティ溢れるデザインで、お庭やエントランスを彩ります。

ガーデンポットとは、その名の通り植木鉢のことを指します。ワールドデコズでは巨大でデザイン性に溢れた、エクステリアとしてのガーデンポットを販売しております。(もちろん、植木鉢としての利用も可能でございます)

 

これらは主にタイ国から仕入れを行っております。
タイ国内だけでなく、国外の有名ホテル等での導入実績がございます。

 

 

 

 

 

一見、非常に古いものに見えますが、こちらは工場の高い技術力で「中古風」に仕上げているものとなります。一つひとつ、オーダーメイドで仕上げておりますので、二つと同じものはございません。

 

5.まとめ

アンティーク感の演出できるインテリアやエクステリアについて、ご紹介してまいりました。
「時間」という価値をその身に纏った唯一無二の一品。
そこから醸し出される独特な風合いは、あなただけの特別な空間作り上げる一助となるでしょう。

 

ワールドデコズにはWEBカタログのご用意がございます。
もしご興味を持っていただけましたら、お気軽にお目通しください。

 

WEBカタログはこちら → http://powerplace3.cloudapp.net/casebrowser/