カタログを開く

2019.05.30

一枚板は最高に美しいです。

こんにちは、ワールドデコズの安藤です。
木材1年生も1ヶ月が過ぎようとしています。
少しは、木材について知識がついてきました。

 

毎日、木に囲まれて仕事をしているととても落ち着いて仕事が出来ます。
そこが木の優しさ、特徴でオススメのポイントです。

 

大手企業のオフィスに緑や木が多い理由がここにあります。
その心理的な効果は、学術論文として常にテーマとされています。
天然素材の木、緑を、オフィス・自宅に取り入れることは心身的リラックス、集中力アップ、ストレス軽減を生みます。
だからこそ、人工物だけのオフィスではなく、天然素材を入れることで働く人のメンタルバランスを支えるようにされているのだと思います。

 

あなたのオフィス・自宅にも木と緑を取り入れてみてください。
すぐに、その効果を感じられることだと思います。

そして、木を取り入れる時に、観葉植物に合わせてオススメなのが一枚板を使ったテーブルを活用したり、木をインテリアの一部に活用したりすることです。

 

木を最高に美しく見せるのが一枚板

大阪難波のワールドデコズショールームには、様々な樹種の一枚板がずらりと並んでいます。
当店の一枚板在庫は、おおよそ700枚弱ほどを貯木しています。
その中から、ショールームには20枚を展示しています。

  • ウォールナット
  • タモ
  • カエデ
  • 吉野杉
  • ケヤキ
  • モンキーポッド
  • チーク

    などです。

奈良県桜井本社の倉庫には、これ以外にも多くの樹種を貯木しています。
近畿一円にお住まいの方は、ご予約いただければ当社が誇る木材マイスターがご案内しています。

普段、あまり木をゆっくりと見られることのない方にとっては、その数の多さに圧倒されるのではないかと思います。
木材1年生の僕でさえ、圧巻の貯木量にワクワクしました。

ましてや、木がお好きなあなたなら、とても楽しんでいただけると思います。

 

話がそれました。
今日の本題に戻ります。

 

今、僕が必死に勉強をしていること、それが木の「一枚板」です。
やはり、木は「一枚板」が最もその材質を美しく魅せることが出来ます。
さらに、「一枚板」は、僕の勝手な意見ですが、木を最も贅沢に活用したものだと思います。

 


まず、樹齢何百年という樹の丸太をそれぞれ板状にスライスしていきます。
木目の美しさは、このスライスした時にしかわかりません。(このお話はまた今度!)
その後、木の含水量を下げるために最低でも4年は乾燥させます。

 

樹齢+乾燥、これだけで数百年。

 

僕が生まれるずっと前からあった木がこうして「一枚板」へと変化を遂げていくわけです。

これだけでも、すごい話だと思いませんか?
同じものが一つとしてないのが「一枚板」の本当にワクワクする面白いところです。

 

3Dプリンターで簡単にものが作れる時代。
大量生産の時代において、木、とくに「一枚板」だけは簡単に作り上げることが出来ないものなのです。

あなたにも、この「一枚板」の価値を是非ともお伝えをしたいと思います。

ワールドデコズのショールームでお待ちしています。

 

今日は、少しだけ写真でご案内します。

 

ウォールナット

 

モンキーポッド

 

タモ

 

チーク

 

どうでしょうか?
木によって、その表情が全く違うのです。

面白いですね。

今日は、「一枚板」について書きました。
それでは、また次回お会いしましょう!