カタログを開く

2019.04.22

【渋ログ】第3回:マテリアルが生み出す意味深いDIY

渋ログをお読み頂きありがとうございます。今日はマテリアルが生み出す意味深いDIYについて。


DIYブームはとどまるところ知らずですね。本当に素晴らしいことです。でも、作った作品がずっと側にある確率って?何パーセントくらいなんだろう。50%?いや、20%?それって残念じゃない(T_T) その確率を上げるには、時間を刻めるマテリアルと、作品の意味。で、今回はウエディングに特化したDIYワークショップを開催してみた。

 



「何故、ウエディングDIYワークショップを開催したか?」

皆さまにお話しを聞いて頂きました(^_^;)

 

 

場所は大阪難波。それも南海電鉄高架下!!

 

私が産まれた昭和の時代、家にはトンカチや、ノコギリ、釘や針金など、家や家具、庭周りの修理くらいは親父がチョチョイとやってのけたものだ。今や、日曜大工親父もなかなか見かけず、ホームセンターでも専門工具はプロ達の御用達。しかし、他人同士が結婚し、一つの家庭をスタートする素晴らしいタイミングで、是非、作る喜びと意味を知って貰いたい。子供を授かったなら子供のおもちゃは日本の桧や杉で、安全な手作りにしてあげて欲しい。



 

で、結婚のタイミングにご夫婦揃ってDIYの意味。
まだまだ、多くの女性は男性に嫁ぎ、苗字を変える。と、なると死んだあと入るお墓も旦那様側になる…ことが多いはず。勿論、例外は沢山ある。それを考えると、やはりDIY!!

 

は?って思いますよね(^^;; でも、そうなんです!!
男性はそれだけデカイ覚悟を持って嫁さんをめとり、女性は男性には知り得ない覚悟で嫁ぎます。
その女性を送り出すご家族に、言葉や気持ちと共に夫婦の初仕事で手作りの贈り物。箸置きでも、本立てでも、テレビのリモコン入れでも….
その裏に、こっそり感謝の気持ちを二人で書いて、それが10年後に発見されるとか!!( ͡° ͜ʖ ͡°)
それには、直ぐ痛んでしまうマテリアルじゃダメ。チークやカリンなど、硬い木材で100年もつDIY。



既に、500年は経ってます!



こんなに可愛いいウエルカムピックも!

 

本日ご参加頂いた新婚カップル様が、愛情たっぷりで、ゲスト様をお出迎え♡


裏面には30年、40年後の自分達にメッセージを書いて欲しいな^ ^



皆さまが思い思いの作品を作れる様に様々なマテリアルをご用意し、幸せいっぱい新婚カップル様をお待ちしています!!
勿論、お子様と、お友達と、お一人様も、DIY好きの方は皆さんOK‍です!!

 

是非、DIYを楽しめるワールドデコズ大阪にお越し下さいませ^ ^

 

以上

 

※渋ログのバックナンバーはこちら

・第1回 https://worlddecors.com/blog/1110/

・第2回 https://worlddecors.com/blog/1289/